人里離れた、人太郎が評する、必ずこのタイプに属する人達。 | HYBRIDウェブマーケティング

人里離れた、人太郎が評する、必ずこのタイプに属する人達。

人里離れた、人太郎が評する、必ずこのタイプに属する人達。

雲雀雲の上から見えるバカンス中の人形たちを暇だから閲覧していると、どうやら生物は7つの属性をたまらえてる事がわかった。

あんこう鍋とちゃんこ鍋くらいの誤謬はあるかも知れない。検閲と閲覧くらいの間はあるに違いない。だからそのまま当てはめてしまっては、マーケティング の理論のフレームワークをしようするくらい当てが外れてしまうかも知れない。世の中の枠組みに無いミニマムな概念をお教えする。

スペースザンギエフという国には、突貫と盲目の先導が得意な、サッカーでいうアシストする人が存在する。この人たちはボコボコにされると涙する。 またはプンプンする。ぶちかまされない限り真骨頂が発揮出来ない僕からすれば羨ましい。

2番目は、割と防御力が高く、つけ狙うポールダンス共和国風な人たち、アシストされやすい人が存在する。この人たちは後に述べるシューマッハ人と同じく 人に見られる事を気にする。何を言われたかは覚えていない。羨ましくもない。2,3人でかかってきて欲しい。

分析とか得意な人たちがこねくり回す傾向に陥りやすいのが、雨合羽族の第3共和国、ミドルズブラでビートルズを見たがる愚か者たちだ。 この人々のキレ具合は半端じゃない。She is joking on the crowd.だ。裸族にならないで欲しい。

最後のシューマッハ族はいつも脇に挟まっている。勘弁して欲しい。まぁまぁ面白い。後々雷鳴が轟く。蟲師を思い出します。

その4つの強化系、操作系、変化形、放出系、具現化系、特質系。えっえっえっま、待てーい。困る。やめろ。

も、嗅ぐわすタイプと指先アートの人達のどちらかに必ず属する。これが5と6に配布された。

7番目は人造人間27号タイプだ。雨が降れば寂しい。槍が降っても寂しくはない。眠らなければ、軒先は見えない。テストで100点とっている。 自立心は芽生えないのですよ。

強い人は複数併用しながら生きている。1つに抑えて奇行に走る人もいるのか!?弱い人に言われたくない。その代わり…

適材適所は今を生きている人。わかってもわかりきれない人たち。散りゆく星に、循環型サステナブルを…

塵も積もれば、Sometimes people don't see miserable by myself.時期尚早かも知れない。