邂逅を形にした | どっつき きのこ都市

邂逅を形にした

コスパの悪い桃屋の瓶詰めのような、ドライフラワーのような、障子の壁のようなウィンブルドンバッグを試着した。 インドのタージマハールのような織目が印象的だった。 そしたら15年前のsmartに出てきそうなキレイめストリートなミニマムカリビアンランナーのようなタツノオトシゴのようなシルエットが合わなかった。

惹き付けられないので、自分の指輪を見つめた。自社で加工してると言ってたけど、値段を見ようとしたタグに、オリジナルのブランドが頭によぎっていた。織り目をお楽しみいただけますと言っていた。 お客様は腕の長さがとても長いからと3回言われた。マスゲーム、LUSH、夜店ざくら、サイクルヒット、と連写した。

ミリタリービジネス、H.P.FRANCEのようなブリーフケースの値段が気になっていた。ParisをThaiと聞き間違えてしまった。 トラッドなコンサバなビジネスシーンsuberbfrontiaにこそ相応しっような事を言われた。なんでもいいじゃん、って言って遊び心を自慢した。顔は俺より格好良かった。胸にパンダの刺繍をあみ込んだ。