Uniqro is fantastic marketing sample | どっつき きのこ都市

Uniqlo is horizon for marketer

Image by pikisuperstar on Freepik

自分でもあの格好で、良く無事に帰って来られたと思う。

弱い僕の胸の痛みを心配しながら、ユニクロに呼ばれた気がしたので、ちょっぴり寿命が縮んでしまい、学びを獲る事が出来た。

法被(はっぴ)着てる奴らの、邪気に胸の痛みを感じながら、スタジャンやチェスターフィールドコート等の開発力の意欲に驚いた。 フリースの斬新さに遊び心を感じたのは、僕だけだった。

固定されたデザインと(デザイナーの葛藤。もっと自由に表現したい。と言う欲)、もし非固定化されたデザインのアウトフィットを見る側の気持ち。需要と供給目線ね。長く着られるという最優先事項を、ユニクロに突き付けて見た。セレクトショップでも売っていそうなウールパンツを気軽に選べて自由に購入出来る。しかもあの開放的な雰囲気。購入したいと思わされた。

こっから少しでも利益を上げるには、ユニクロと思われないようにする為には、どこぞのアイドルグループのような、数の力の、プル型のTシャツラインナップ戦略で行くのか。  もしくは商品の質を上げてアーリーアダプター層を狙いに行くのか?15000円のチェスターコートを見てしまったら、中間層のセレクトショップは、黙っていられないんじゃないだろうか?

ヴァリエーションとモメンタムでユニクロが主導権を握っているのか?当たるも八卦当たらぬも八卦戦略が、自分にとっても学びがあるかも知れない。

中間所得層が減ったのを見越して、ビジネスマン向けアイテムを製造、販売して、さらに根拠をデータから得られてるのであれば、ロンリーウルフ並みの頭脳だよ。

全国にあるUNIQLOの店舗は、季節や地域によっても色々異なる販売促進があるはず。巨大なストームになる可能性と原料調達に惹け目を感じている。  ユニクロはマーケティングの宝庫なのだ。

昔は幅広い層がセレクトショップに行っていたけど、その数が減ったのをユニクロが計算している。  コモディティ化も関係していると思う。つまり各アパレル店舗ブランド間の商品の質に、差が無くなってきたという事。  商品の耐久性も考慮しないといけない。もっともっと細分化されたセオリーが、マーケティングには、あると思うけど、実際に人間はもっと複雑!

 

現場にょ肌感覚が1番だと思うけどな。それをラーニング出来るのが、僕の1番の利便さ。

企画等もあるから、マンパワーコストがかかる。原料調達が強みと思われる。デザイナーも沢山いると思われる。綿密な戦略で前に進んでると思えてきた。上の人は超忙しい企業なんだろうなー。真面目に横に展開しすぎた。シンプルモダンで、アッパーミドル層にも訴求出来る。WEBCMはやってなくて、TVCMのみ。フィーチャーポイントありまくりで、TVコンテンツとしても、申し分ない。世界を見られていて僕らは相手にされてない。服着ない奴はいない。だから,皆関係ある話。ちょっとBeamsとかと比べても面白いかも。永続性と一過性でそれが出来たら、世界最高レベル。

十分楽しませてもらった。女子はもっと色んなお店あるしなー。女子は1つのブランドにこだわらないと言う話を伝え聞いた。量子論と人のつながり、それに伴う消費者行動の変化。 ずっと考えられるけど、行間読んで下さいな。

各地方のユニクロは、ネットで買う若者もいれば、ショッピングマダムおばさんもいるし、若干チラシはしまむらと大差ないけど、閑散としてるのかも知れないけど、ボーリング場建設は悪くないけど、やり過ぎなのかな? カフェ併設するとかwww GUより年齢層高いじゃん。新商品PRを一般公募する。ものは使いよう。ユニクロビジネスのび太君とか。良い戦術でしょう?  気軽にUNIQLO magazine等々、出してみてもいいかも知れない。ユニクロをお洒落に着こなしてる人もいるから。明るさは正義。Multiview is built by me.