成果の出る考え方 | HYBRIDウェブマーケティング

「成果の出る考え方」一覧

平昌五輪競技をデータ算出。切り取られた中身と外側。

五輪の為に努力してきた選手一人ひとりにはドラマがある。 結果だけが全てではないのだから、色んな選手の競技に注目し よう。そう思っていたものの、正直自身が見た競技は、メダル が期待される種目ばかりだった。確かに日本選手がメダルを獲 ってくれたら同じ日...続きを見る

新しいアイディアを生み出す考え方

マーケティングといえば元々ある商品を分析して角度を変え て宣伝したり、市場や競合を調査して自社の方向性を決定した り等がありますが、新しい商品を開発する事も大きな役割かと 思います。モノが成熟しきっている現在の市場では、それは容 易ではなく、それゆ...続きを見る

現在のマーケットで要求される発想の転換

先日アップルより発表されたiphone8,Xですが、目新しい機能 が無いと批評されていました。PCにデザインという概念を持ち 込むことで新たな市場、ライフスタイルを生み出し、さらに技 術が頭一つ抜けてたアップルでさえ、競合他社の技術が進歩し た結果、差別化が困...続きを見る

直帰率の改善はナビゲーションに注目する

サイト担当者やWEBマーケターが直帰率を改善したい場合、 サイトコンテンツやスニペット、広告文、またはページの読み 込み速度に注目しがちですが、サイト訪問直後のユーザー視点 で考えると、サイト全体、つまりコンテンツだけでなく、ナビ ゲーションも見てい...続きを見る

レビュー文化の成熟に思うこと

私たちが商品を購入する際、実際のユーザーの声である口コミ を参考にしている方は多いと思います。近年SNSが存在感を 放っていますが、ユーザーを地域軸で見ると、郊外に暮らして いる私の実感では、まだ都市部以外のユーザーには浸透してい ません。またユーザ...続きを見る

検索結果画面に注目、ユーザーと同じモノを見る

リスティング広告施策のほとんどの時間をアドワーズやグー グルアナリティクスのデータとにらめっこしていませんか。確 かにリスティング広告は入札金額の細かい調整や管理するデー タが膨大です。ただそれに没頭し過ぎると、数字に溺れてしま う事もあります。そ...続きを見る

ユーザー行動とリスティング広告

リスティング広告そのものとユーザーについて深く考えまし た。リスティング広告は色んな集客手段があるため、そちらに 注力しがちですが、あくまで中心なのはユーザーという「ユー ザーファースト」の概念を心に留めておくべきです。ユーザー を理解する為に、ユ...続きを見る

ポータルサイト集客の肝は「相対性」/マーケティングで大切な「USP」「3C」と絡めました

ポータルサイトについての記事はあまり見かけませんが、興味 あるサイト担当の方は多いはず。まずユーザー視点からポータ ルサイトの特徴、閲覧傾向について述べ、それを踏まえてサイ ト担当者の意識するポイントや考え方について書かせて頂きま す。途中からマーケ...続きを見る

インプットの仕方~本質を抽出するには

ユーザー行動観察調査を行ったサイト改善事例を基に話を進め ていきます。アクセス解析なし、デザイン変更なしで、問い合 わせ数が10倍になるのですから、顧客理解の大切さがわかり ます。希少で中身の濃い事例ですので、普通に内容を理解する だけではもったいない...続きを見る

リスティング広告に欠かせない仮説思考

リスティング広告やマーケティングに欠かせない考えが、仮説 思考です。初めに仮説を立て、検証し、修正しながらPDCAを進 めていきます。ユーザーという不確かなものを確かなものにす るのですから、1発で的中する事はなかなかありません。トラ イ&エラーを積み重...続きを見る